忍者ブログ

交易振興基金 ”Trade Support Fund of Japan”

CCPの運営するEVE ONLINE内に設立された交易振興基金の広報用ページでしたが、
現在の更新内容は交易とはあまり関係がなくなっております。

[PR]

2017/10/20(Fri)12:21

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

交易について考えていたこと(10)

2008/02/18(Mon)19:24

5-3.一般購入者
一般購入者は、その商品を使用する目的で購入する市場参加者であり、通常転売利益を考えていません。したがって、Modなどを購入する一般購入者は、その商品の限界効用に応じて、商品を購入します。このため、異常に高い価格でBuy Orderが行われることがあり、競争相手としては争いたくない相手です。ただし、目的の商品を必要数量だけ購入できれば市場から退場するため、しばらく待てばよいと考えられます。また、仕入範囲も比較的狭いため、仕入範囲が重複する可能性は低いかもしれません。
Material取引市場の一般購入者については、商品の限界効用というよりも、Materialを加工して製造した製品の価格動向に影響を受けるため、製品市場の変動が無い限り設定価格を異常に高額に設定することはないでしょう。また、製品価格が大きく下がったといったような理由がなければ、material市場から一般購入者が退場することも無いと考えられます。

【ひとこと】
攻撃的競争相手との、Order合戦はかなり疲れます。ほぼ5分おきに、Orderが更新されるため、チェックを欠かすことが出来ず、また、目標利益率を下回る価格で仕入を行うこともあります。Order合戦も、PvPと同様にテクニックがあるため、経験が重要になります(場合によってはBuy Orderを掛けつつ、Sell Orderを入れるといったこともあります)。
「交易はPvPより熱い!」と考えるのは、このためです。

また、よく中途半端な価格設定をしている市場参加者がいますが、このような価格設定は却ってお互いの利益率を下げるだけのため、意味がないと考えられます。
競争相手を蹴落とすのであれば、競争相手が競る気のしない価格設定をする必要があります。そうしなければ、競争相手も価格競争をしてくるので、体力勝負となります。
また、反対に競争相手と共存するのであれば、異常な値上げを行わず、0.01iskずつ上げていくのが良いと思われます(ログイン時間の異なる市場参加者が競争する場合には、これで上手くいく場合が多いのではないでしょうか)。
PR

No.16|交易いろいろComment(0)Trackback(1)

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :

ナムジの深宇宙探訪

EVE OnlineはマイナーMMORPGなので、日本語で記された最新情報やノウハウは、英語圏と比べると、充実していません。その中で、さらに交易に関してとなると、soppo氏のブログ交易振興基金 ...

No.1|URL|2008/03/23(Sun)23:23