忍者ブログ

交易振興基金 ”Trade Support Fund of Japan”

CCPの運営するEVE ONLINE内に設立された交易振興基金の広報用ページでしたが、
現在の更新内容は交易とはあまり関係がなくなっております。

[PR]

2017/11/21(Tue)00:02

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

いまさらながらEVEについて思った(ただの感想です)

2009/03/26(Thu)16:16

久々に書く記事ですが、交易についてではありません。

タイトルにあるとおり「いまさらながらEVEについて思った」のですが、
EVEは、本当に「組織力」が重要なゲームだと思いました。

私自身がやったことのあるゲームは片手の指で数えられるほどなので、他のゲームとの比較はできないのですが、
絶対的な基準として「組織力」の重要さを感じました。
(しかし、ゲーム経験の少ない私がよくEVEに出会ったものだなぁ)

EVEを始めて数ヶ月くらいまでは、やれることが限られているため、ミッションや堀といった個人でも十分に結果を出せるイベントで楽しむことが出来ます。
しかし、skillupや知識増加で、さらにやれることが増えてくると、組織力が大きく影響を与えるイベントで楽しむことが出来るようになります。すなわち、高難易度ミッションや、宙域支配、戦争、海賊、市場独占等々です(最近ではワームホールが追加されましたね)。

CCPの思惑は知りませんが、EVEは複数人で組織を作ることで、さらに楽しみが広がるようになっていると思います。


私がEVEを始めたころは少なかった日本人Corpもどんどん増えています。これは日本人プレイヤーが増えていったことが大きいかと思いますが、やっぱりEVEを幅広く楽しむのに、組織が必要だからではないでしょうか。

最近は日本語化の動きが出てきたので、さらに日本人プレイヤーが増えているようですが、新しくEVEを始めたプレイヤーにはぜひCorpに入る、或いはCorpを作っていただきたいと思います。
また、マンネリでつまらないなぁ、と思ってEVEを辞めようと思った方がいたら、辞める前にCorpに属してみるのも、良いかと思います。EVEの世界がさらに開けるからです。

ほんとタナベは良いこと言ってますよね
PR

No.20|その他Comment(0)Trackback(0)

bump

2009/01/18(Sun)14:44

広告が邪魔なので、とりあえず書き込み

3月中ごろまでは忙しい状態が続くので、それが終わったらcorp walletの管理について書いてみようかと思案中
日本人プレイヤーが増えて、事業系JPCorpが増えてきたら少しは参考になるかもしれませんが、個人Corp等には全然役に立たないだろうなぁ

英語が読めれば、オフィシャルのforum等を漁って、そこらへんのノウハウを見つけられるのかもしれませんが、残念ながらforumを漁る英語skillが無いので、一般的なcorp walletの管理手法との比較が出来ないのが辛い

No.19|その他Comment(0)Trackback(0)

交易用キャラの作成

2007/11/09(Fri)03:38

残念ながら、初期スキルの設定が変わってしまったため、現状では以下のコメントは当てはまりません。
ただし、交易用のサブキャラを利用する方法は現在でも有効です。
特に、150万SPまでは、スキルトレーニングがブーストされますので、必要最小限のスキルは取った方が良いかと思います。

当基金では、交易用のサブキャラを利用して交易を行うことを推奨していますが、この交易を行うためのサブキャラはSkillトレーニングをしないことが前提になっているため、キャラ作成時に、可能な限り有利なSkillが備わるようにすることが望ましいと考えられます。
このため、サブキャラを作成する際には、以下の表を参考にしてください。

当基金がお薦めするのは、Gallente人です、
初期スキルのうち、特に重要なのは、手数料を減少させるBroker Relationsと考えられますので、このスキルが最も高くなるAmarr人もしくはGallente人のいずれかが良いと思います。
Amarr人とGallente人の違いは、Daytradingのスキルレベルですが、これはより高い方が便利ですので、レベル4のGallente人がお薦めとなります。
もちろん、好みでその他の人種を選んでも構いません。



初期スキルの概要(「eve wiki」より)
スキル名 説明
Trade 同時に維持できるOrder数、+4/Lv
Broker
Relations
Order作成時の手数料率、-5%/Lv
Daytrading 離れた場所からOrder修正が出来るよう
になる。Lv1星系内 Lv5Region全体
Retail 同時に維持できるOrder数、+8/Lv


Business-Trade系の種族別初期スキル
スキル名 Amarr
Gallente Minmatar Caldari
Trade 5 5 5 5
Broker
Relations
4 4 2 2
Daytrading 2 4 5 4
Retail 3 3 4 4

No.6|その他Comment(0)Trackback(2)

設立経緯

2007/11/07(Wed)13:16

「独りで生きて 死んで なんで満足できるんですか バカみたいよ 宇宙は独りじゃ広すぎるのに」(by 田名部 愛)

この広いEVE宇宙で生き残るためには、知識とSkillと資金が必要です。

知識は、知ろうと望めば、先人が書き残した遺産、所属する会社のメンバーから学ぶことが出来ます。
Skillは、新人艦長、ベテラン艦長の区分無く、時間とともに平等に増えていきます(Learning Skillやインプラントは別にして)。
しかし、知識もSkillも無い新人艦長にとって、資金を効果的に増やすことは難しいと思われます。
新人が資金を容易に獲得できないことは、他のMMOゲームも同じかもしれませんが、特にEVE OnlineはSkillの伸びがログイン時間に比例しないことから、ベテラン艦長と新人艦長の資金獲得能力(効率性)の差が詰まるのに時間が掛かります。

ところが、EVE Onlineには、高いSkillが無くとも、効果的に資金を獲得する手段として、交易があります。
交易は、市場の価格差を利用して、利ザヤを得る手段であり、そのコツを得た艦長は短期間で資金を増やし、常時Bil(1,000Mil)単位の資金を運用することが普通になります。それは、利益の出し方を覚えれば、利益が運用資金となり、増えた運用資金が利益をさらに増加させるといったように、雪ダルマ式に運用資金を拡大させていくことが出来るようになるためです。
このため、私は知識さえあれば高いSkillを必要としない交易を、いち早く経済力をつけたい新人艦長にお勧めします。

ただし、高いSkillを必要としない交易にもひとつだけ必要なものがあります。それは、初めに交易用の物品を購入するための資金です。この初期資金が無ければ、交易は始められません。
したがって、新人艦長が交易を始めるには、初期購入のための資金を確保する必要がありますが、現在新人艦長が資金を容易に確保するようなサポートが見当たらないため、交易を始めようと思った新人艦長に資金を融資し、これを元手にして貰おうと考えました。

もちろん、融資した資金は、6ヶ月後には返してもらいます。
また、交易で成功した場合には今後の新人艦長への寄付をお願いします。しかし、この寄付は、交易で儲けた利益の1%でかまいません。なぜなら、6ヶ月後に、あなたの運用する資金は数Bilを超えているでしょうから。

No.5|その他Comment(0)Trackback(0)